資格取得を目指す方々のために、資格保持者様の口コミ(学習法や学習期間など)を募集しております。よろしくお願いいたします

知的財産管理技能検定とは?取得方法についてまとめてみた

知的財産管理技能検定とは?取得方法についてまとめてみた

知的財産管理技能検定とは?

公式ホームページでは、

「知的財産管理技能検定」は、「知的財産管理」職種にかかる国家試験です。
「知的財産管理」職種とは、知的財産(著作物、発明、意匠、商標、営業秘密等)の創造、保護または活用を目的として、自己または所属する企業・団体等のために業務を行う職種です。
具体的には、リスクマネジメントに加え、創造段階における開発戦略、マーケティング等、また保護段階における戦略、手続管理等、また活用段階におけるライセンス契約、侵害品排除等のマネジメントを行う職種です。

とあり、「知的財産管理」職種に携わる人のみしか受けられないような印象がありますが、3級はだれでも受験が可能なため、取得を目指すことは可能です。

 試験は3~1級まであり、1級は難関な試験ですが、それだけキャリアアップにつながる要素が強い資格であると思います。

また、受験者層で見ると、大学や専門学校などに在学中に受験する方がいる一方で、受験者平均年齢が高めとなっています。企業のなかで一定のキャリアを積んできた後の受験であろうことが予想できます。

一昔前より、知的財産に対する見方が変わっておりますし、どこの部署にいたとしても全く関わらない人が少ない知的財産分野(とくに営業秘密、商標など)ですので、興味のある方や携わっている方などにはおすすめの資格です。

試験の概要【知的財産管理技能検定】

受験資格 3級:知的財産業務に従事している者、または従事しようとしている者(=希望すればだれでも)

2級:①知的財産に関する業務について2年以上の実務経験を有する者、②3級技能検定の合格者、③学校教育法による大学又は大学院において検定職種に関する科目について10単位以上を修得した者、④ビジネス著作権検定上級の合格者、⑤2級技能検定の一部合格者(学科または実技いずれか一方の試験のみの合格者)

1級:①2級技能検定合格者で知的財産に関する業務に1年以上の実務経験を有するもの、②知的財産に関する業務に4年以上の実務経験を有するなどの条件が数点あり。※学科と実技で要件が異なるため確認してください。

申込期間 各試験日の一月半程度前に締め切り
申込方法 WEB申込または郵送申し込み
試験日 3月 7月 11月
受験料 3級:【学科】【実技】各5,500円 2級:【学科】【実技】各7,500円

1級:【学科】8,900円【実技】23,000円

申込者数と合格率 3級:6,096人(63.3%)2級:4,062人(42.6%)1級:643人(9.8%) ※全て学科、実技込み
試験地 ※変動あり
試験内容 3級:【学科】30問、45分、マークシート【実技】30問、45分、記述式

(知的財産管理の職種における初級の技能者が通常有すべき技能及びこれに関する知識の程度(知的財産管理に関する業務上の課題を発見し、大企業においては知的財産管理の技能及び知識を有する上司の指導の下で、又、中小・ベンチャー企業においては外部専門家等と連携して、その課題を解決することができる技能及びこれに関する初歩的な知識の程度)を基準とする。)

2級:【学科】40問、60分、マークシート【実技】40問、60分、記述式

(知的財産管理の職種における中級の技能者が通常有すべき技能及びこれに関する知識の程度(知的財産管理に関する業務上の課題を発見し、大企業においては知的財産管理の技能及び知識を有する上司の指導の下で、又、中小・ベンチャー企業においては外部専門家等と連携して、その課題を解決でき、一部は自律的に解決できる技能及びこれに関する基本的な知識の程度)を基準とする。)

1級:【学科】45問、100分、マークシート【実技】5問、30分、筆記試験と口頭試問

(知的財産管理の職種における上級の技能者が通常有すべき技能及びこれに関する知識の程度(知的財産管理に関する業務上の課題の発見と解決を主導することができる技能及びこれに関する専門的な知識の程度)を基準とする。)

スポンサーリンク

覚えておきたい

 ソフトな経営資源と言われる「知的財産」。その管理関係は、技術が著しく発達してきた今日において、重要な役割を占めます。それが近年、受験者数が右肩上がりの要因です。

 また、1級は、専門分野によって「特許専門業務」、「コンテンツ専門業務」、「ブランド専門業務」の3つの分野に区分されていますので、1級の取得まで目指したいという方であれば、ご自身の専門分野を熟知する必要があります。

技能検定は2級まで取得しないと、履歴書に記載したときのインパクトがないため、2級の受験要件を満たしているかたは、ぜひ2級からチャレンジしていただきたいと思います。

受験資格を満たしていない方でも、3級に合格すれば2級を受ける権利を得られますので、段階を踏んで取り組みましょう。

知的財産管理関係は、産業の近代化とともに重要視されておりますので、まだこれから需要があり、今後も重宝されると考えます。検討の上、チャレンジしてみてはいかがでしょうか? 

参考サイトとテキスト

 学習の参考になるであろうサイトは見当たりませんでした。

 

調査のうえ、発見した場合は追記いたします。

おすすめのテキストはこちら↓

 いくつかの販売元からテキストが出ているようですが、公式のテキストが最も売れているようです。
リンクに記載はしておりませんが、問題集もありますので合わせてご確認いただければ。

まとめ

 これまで記載した通りですが、受験者数から見ても、今後に期待できる資格です。

特に管理職や管理職志望のかたなど、ぜひ取得しておきたい資格ですね。

独学での取得が不安な方は、オンライン資格講座No1のスマホで学べる通勤講座などもおすすめです。

「時間がない」、「通勤時間を有意義に使いたい」、「学習の仕方がわからない」といった方には、低価格で効率よく学べるので、検討中のかたは取り組むべきです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お問合せ先知的財産教育協会

司法・法務カテゴリの最新記事