コロナウイルスの影響により、試験日変更がある場合がございますのでご注意下さい。

インターネット検定ドットコムマスターの取得方法まとめ

インターネット検定ドットコムマスターの取得方法まとめ

インターネット検定ドットコムマスターとは?

 ドットコムマスターはNTTコミュニケーションズ インターネット検定事務局が主催する民間の検定試験です。

ドットコムマスターにはICTを安心・安全に利用できる初級レベルの資格「ドットコムマスター ベーシック」、 個人や企業のICT活用をサポートできる中級・上級レベルの資格「ドットコムマスター アドバンス」の2つの資格があり、目的に合わせて選ぶことが可能です

累計の申込者数は45万人を突破しており、比較的知名度の高い、パソコン関連の資格と言えます。

試験の概要【インターネット検定ドットコムマスター】受験資格・申込方法・合格率など

受験資格 誰でも受験が可能
申込期間 随時
申込方法 インターネットからのお申込み
試験日 随時
受験料 【ベーシック】4,320円 【アドバンス】8,640円
受験者数(合格率) 非公表 累計受験者数は45万人を突破
試験地 全国約200ヶ所
試験内容 ドットコムマスターはCBT(パソコン入力)での試験のため受験日など、ほぼ自由に決まられます。

【ドットコムマスターベーシック】45分 50問(70/100)

社会人に必要なITの基礎的レベル

【ドットコムマスターアドバンス(シングルスター)】80分 70問

適切にICTを利用し、利用指導も出来るレベル

【ドットコムマスターアドバンス(ダブルスター)】

組織やグループでICTを利用する仕組みを管理できるレベル

スポンサーリンク

インターネット検定ドットコムマスターについて覚えておきたい

 ドットコムマスターは、ベーシックとアドバンスがありますが、アドバンスは更に「シングルスター」と「ダブルスター」に分かれます。これは、試験自体は同じもので、点数によってダブルスターになるというものです。

また、CBT試験(パソコン上での試験)の性質上、比較的最新の論点なども出てくることが予想されますので、最新の知識はつけられるのではないでしょうか。

インターネット検定ドットコムマスターの転職への有用性

 インターネット検定ドットコムマスターは、NTTコミュニケーションズが主催しているだけあって、NTTの関連会社で求められる事が多い資格でもあるようです。そういった背景からもNTT関連会社への就職や転職を目指している方は、取得しておいたほうがいい資格かと考えます。

インターネット検定ドットコムマスターの資格取得におすすめなテキスト

インターネット検定ドットコムマスターのおすすめのテキストは公式のもになります。

↓↓↓おすすめのテキスト↓↓↓

インターネット検定ドットコムマスターまとめ

 インターネット検定ドットコムマスターは、ネットワークやセキュリティに関する最新知識を反映させたベンダーフリーな試験になります。CBT試験のため、ご自身の都合のよい日程や会場で受験できるといったメリットもあります。

またNTTコミュニケーションズが主催していることもあり、知名度もそこそこある試験ですので、興味のある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

「試験に受かるユダヤ式記憶術」(外部リンク)

コンピューターカテゴリの最新記事