資格取得を目指す方々のために、資格保持者様の口コミ(学習法や学習期間など)を募集しております。よろしくお願いいたします

感性を磨け!Photshop®クリエイター能力認定試験についてまとめ

感性を磨け!Photshop®クリエイター能力認定試験についてまとめ

Photshop®クリエイター能力認定試験とは?

 デザイン・印刷などのDTP業界において、「事実上の標準」(デファクトスタンダード)となっている画像編集ソフトAdobe Photoshop®ですが、そのPhotoshop®がもつ画像の加工・調整等の編集機能を効果的に実務に活かすことのできる能力を測定するために設置されたのが、このPhotoshop®クリエイター能力認定試験。

 デザイン・出版・印刷業界のプロフェッショナルユーザーのみならず、イラストレーター、写真家、画像加工に興味がある一般ユーザーにいたるまで、スキルチェックやスキル証明の一手段として幅広い層に受験されています

試験自体が実践的な内容のため、独学で取り組んできた方なども知識の整理におすすめの検定試験です。

試験実施機関は、ほかにも複数のソフトウェア認定試験を実施する、株式会社サーティファイが実施しております。

試験の概要【Photshop®クリエイター能力認定試験】

受験資格 誰でも受験できる
申込期間 4月中旬~5月下旬
申込方法 各試験会場によって異なる
試験日 各試験会場によって異なる
受験料 スタンダード:7,400円

エキスパート:8,400円

受験者数と合格率 累計受験者数:67,934名(平成29年3月31日)
合格率:約72.0%(平成28年度平均合格率)
試験地  全国主要都市
試験内容 スタンダード:実技問題の得点率65% 以上で、かつ実践問題の得点率70% 以上

Photoshop®を活用し、指示通りの作業を正確かつ合理的に行う事ができる。
●作業指示書に基づいた制作ができる。
●Photoshop®の基本的な操作ができる。

エキスパート :知識問題・実技問題の得点率65% 以上で、かつ実践問題の得点率70% 以上

Photoshop®を活用し、クライアントのニーズに対応した創造性の高いコンテンツ制作ができる。
●デザインコンセプトや表現の目的に応じて適切な機能を選択し、表現できる。
●DTP/Web デザインに関する基本的な知識がある。

スポンサーリンク

Photshop®クリエイター能力認定試験について覚えておきたい

 Photshop®クリエイター能力認定試験の平均的な学習期間は、スタンダードで20時間、エキスパートで18時間とされています。合格率も低くはありませんので、しっかり対策を取れば、一発合格は難しいものではないと感じます。

Photshop®クリエイター能力認定試験の学習サイトとテキスト

 学習の手助けになるであろうサイトは見当たりませんでした。

基本的に実際にPhotoshopを使った練習が必要になるので、CD-ROM付きの学習テキストを購入し学習することをおすすめします。

おすすめのテキストはこちら↓

Photshop®クリエイター能力認定試験の転職について

 最終的には実務力が問われることになりますので、認定資格を持っているから就職が決まりやすくなるかと言うと若干厳しいと感じます。この認定試験に受かることだけではなく、オリジナリティのある作品を作るなどを繰り返し行い、対応力を養っていただくのがいいかもしれません。

Photshop®クリエイター能力認定試験まとめ

 Photshop®クリエイター能力認定試験は、合格率も低くなく難易度は易しめのため、どちらかというと初心者向けの認定試験といえます

学習の初期は、ご自身がどの程度できているのか不安に思うこともあるかと思いますので、そういった際のモチベーション維持のために受験するのもいいかと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コンピューターカテゴリの最新記事