コンピューター

IT戦略プロフェッショナル!ITストラテジストについてまとめ

ITストラテジストまとめ

ITストラテジストとは?

 ITストラテジストは、応用情報技術者の上位資格として位置づけられる国家資格です。

公式の対象者像としては、

高度人材として確立した専門分野をもち、企業の経営戦略に基づいて、ビジネスモデルや企業活動における特定のプロセスについて、情報技術を活用して改革・高度化・最適化するための基本戦略を策定・提案・推進する者。また、組込みシステムの企画及び開発を統括し、新たな価値を実現するための基本戦略を策定・提案・推進する者。

となっております。

 つまり、情報技術を活用して、企業活動を効果・効率的に推進するための情報戦略の策定・提案・実施ができるプロフェッショナルな人材であるといえます。情報処理推進機構が実施する試験で「高度な知能・技能」に分類される試験は8つありますが、そのうちの戦略を専門分野とするものです。

 中小企業などは、いまだに情報技術をフル活用できていない背景を鑑みると、まだまだこれから需要のある資格です。収入アップやスキルアップ、転職にも有利に働くであろうおすすめの資格といえます。

試験の概要【ITストラテジスト】

受験資格 誰でも受験可能。
申込期間 7月中旬から約1ヵ月間
申込方法 インターネットまたは郵送のお申込み
試験日 10月の第3日曜日
受験料 5,700円
受験者数と合格率 4,487人 14.6%
試験地 全国主要都市
試験内容 試験は午前Ⅰ、Ⅱと午後Ⅰ、Ⅱに分かれる。

午前Ⅰ:30問の多肢選択式、50分

午前Ⅱ:25問の多肢選択式

午後Ⅰ:4問中2問を解答する記述式、90分

午後Ⅱ:3問中1問を解答する記述式、120分

設問は戦略系に関することで多岐にわたるためITストラテジスト シラバスをご参照ください。

ITストラテジストについて覚えておきたい

 ITストラテジストは高度情報技術者という位置づけであることから、期待される役割や技術水準が高めに設定されています。いきなりITストラテジスト試験を受けることも可能ですし、そういった方もいるようですが、業界も未経験で学習も初めてといった方は、基本情報技術者などから段階を踏んで受験されることをおすすめします。

また、ITストラテジストは情報技術者の試験ではありますが、戦略に基づいた情報技術の活用という点が大事かと思いますので、あわせて経営学の知識などをつけておくといいのではないでしょうか。

 IT系の仕事についている方、もしくは転職をお考えの方にはおすすめしたい資格です。

ITストラテジストの学習サイトとテキスト

 学習の手助けになるであろうサイト

こちらはIPAの公式情報処理推進機構です。やはり過去問が最良の学習ツールかと思います。

おすすめのテキストはこちら↓

ITストラテジストまとめ

 前述しましたが、ITストラテジストは高度情報処理試験の位置づけにありますので、それなりの実務経験がある状態でこの資格を取得すれば、社会的信用力も増すため、方法によっては独立なども視野にいれた活動ができるのではないでしょうか

IT系の需要は今後も伸び続けていくでしょうし、こういった資格の学習をすることによって、能動的でAIに仕事を奪われないクリエイティブな仕事ができると感じます。興味のある方は、学習に取り組んでみてはいかがでしょうか。

 実務経験はないけど、費用をかけずにITの知識を得たいという方は、インフラエンジニア始めるならネットビジョンアカデミー(NVA)(外部リンク)で費用をかけずに学べるうえに、就職のサポートまでしてくれるといいう学校もありますので、興味のある方は無料説明会を実施しておりますので、参加してみるのも手です。

 最後までお読みいただきありがとうございました。