コロナウイルスの影響により、試験日変更がある場合がございますのでご注意下さい。

野菜ソムリエとは?野菜ソムリエについてまとめてみた

野菜ソムリエとは?野菜ソムリエについてまとめてみた

野菜ソムリエとは?

 野菜ソムリエとは、野菜果物の知識をしっかりと身につけ、おいしさや価値・魅力などを理解し伝えられることができるスペシャリストです。資格は、「野菜ソムリエ」、「野菜ソムリエプロ」、「野菜ソムリエ上級プロ」の3段階が用意されていおり、各級とも、その前級の資格を取得していることが受講の条件となります。

 名前を耳にしたことがある方も多いと思われる野菜ソムリエは、趣味的感覚の強いイメージがありますが、野菜のことがわかるプロとして、飲食店や青果店、小売流通業などに重宝される資格ではないでしょうか。

 

試験の概要【野菜ソムリエ】

受験資格 野菜ソムリエ:だれでも受講可能

野菜ソムリエプロ:だれでも受講可能

野菜ソムリエ上級プロ:前段階の野菜ソムリエプロの資格取得者

申込期間 地域によって異なるため確認が必要
申込方法 地域によって異なるため確認が必要
試験日 地域によって異なるため確認が必要
受験料 野菜ソムリエ:148,000円(入会金・1回分の試験料含む)キャンペーンなどで5,000円程度割引になる場合あり。

野菜ソムリエプロ:172,500円(試験料含む)※野菜ソムリエを取得している場合。それ以外は320,500円。

野菜ソムリエ上級プロ:詳細が公表されていないため不明

受講者数と合格率 58,161人 約94% ※2016.5
試験地 開講会場により異なる
試験内容 野菜ソムリエの場合(一科目2時間の全7科目)

1科目:ベジフルコミュニケーション

グループワークを通じてコミュニケーション力を培い、発見・感動を表現する力を養います。

  1. 野菜ソムリエの役割について考える
  2. 野菜・果物の魅力の伝え方を学ぶ
  3. 感動したことを表現する etc…

2~4科目:ベジフル入門(①②③)

野菜・果物の生産から流通までを学び、野菜の個性や良品の見分け方、保存方法などを知るための講義です。

  1. 野菜・果物の分類、表示
  2. 品種ごとの特徴、良品の見分け方や保存方法
  3. ベジフルカルテ(課題)作成 etc…

5~6科目:ベジフルサイエンス①②

栄養・健康の観点から、食べ物による身への影響やその必要性、作用、効果を科学的に学びます。

  1. 栄養素の基本
  2. 正しい健康情報の選択方法や生活習慣病について
  3. 食事の記録、食生活の見直し etc…

7科目:ベジフルクッカリー

調理のポイントや品種の違いなどに対応できる料理コーディネーション能力を養います。

  1. さまざまな野菜の切り方
  2. 基本の調理法
  3. 品種の特徴を生かしたレシピ etc…

修了試験 筆記試験(マークシート式、2時間)

野菜ソムリエプロは上記講座に加え、ブランディングやマーケティング、流通など、より経営視点の講座が増える。

 

野菜ソムリエについて覚えておきたい

 野菜ソムリエは協会の開講する講座を受講しなければ取得できないため、どうしてもコスト高になってしまいます。しかし、講座は柔軟に用意されており、通学制、半通学制、通信制、通信制(地域校ワーク付き)の4スタイルと充実しています。開講している地域が少ないことから、ご自身の住んでいる地域を確認したうえで、遠方の方は通信制または半通信制をおすすめします。

 ソムリエプロまで取得すると、執筆や講演という仕事に取り組むかたも一定数いるようです。講座受講料は高い気がしますが、食にかかわることですし、長期的に考えれば高コストともいえない気がします。

野菜ソムリエの学習サイトとテキスト

基本的に協会の講座を受講しなければならず、そのカリキュラムにのっとって学習するため、参考とするサイトはございません。

一部、知識になるとすればこういった書籍でしょうか。

野菜ソムリエまとめ

 野菜ソムリエは、2016年時点で58,000人の受講者数と受講料のわりに多いのは、やはり野菜ソムリエの知識が日常生活や仕事に生きてくるからではないのかなと感じます。

 通信制も通学制でも、費用に変わりがないので、お住まいの地域に近くの開講場所があれば通学をおすすめします。あなたの暮らしに野菜のうるおいを。

最後までお読みいただきありがとうございました。

調理・衛生・フードカテゴリの最新記事