ユニーク検定

大人のたしなみ!ビア検定(日本ビール検定)について取得方法などまとめ

ビール検定まとめ
日本ビール検定について

ビア検定(日本ビール検定)とは?

 ビア検定(日本ビール検定)とは、ビールの味わい方や評価方法などについて学び、その知識を測定するための検定資格試験です。試験は日本ビール検定運営事務局が主催しており、3級~1級までのランクがあり、20歳以上であれば誰でも受けられる試験となっております。

 お酒が好きな方にとっては、ビールの歴史・製法・原料・種類などの基礎から、美味しく飲むための方法・うんちくなど様々なビールの知識などを知ることによって、ただ飲む以外にも楽しむが増えること間違いなしです。

さらに、お酒の席などで教養があるとみられ、株が上がること間違いなしの資格ではないでしょうか。

試験の概要【ビア検定(日本ビール検定)】受験資格・申込方法・合格率など

受験資格  20歳以上であれば誰でも受験可能 ※1級受験は2級取得者のみ
申込期間  ホームページにて確認が必要
申込方法  ホームページまたは郵便局にてお申込み
試験日  9月下旬予定
受験料  3級:4,600円 2級:5,150 1級:7,200円 ※3・2級併願:9,250円
受験者数と合格率  2,405名 64.3% 6回目
試験地  札幌、東京、名古屋、大阪、福岡の5カ所 ※変更の可能性あり
試験内容 合格基準 3級 60点以上(100点満点) 2級 70点以上(100点満点) 1級 80点以上(100点満点)

満点賞 「100点満点でビール1年分」をプレゼントの大盤振る舞い。

・3級から1級を通して「100点満点」を見事達成した方に びあけんが選定したビール1年分を進呈致します。

・対象者が複数の場合は、山分けとのことです。

  • 3級(四肢択一式)公式テキストからの出題が中心となります。公式テキストを学習すれば合格可能です。
  • 2級(四肢択一式)公式テキストを深く学習、理解すれば合格可能です。主要な輸入ビール・国内クラフトビールの話題からも数問出題します。
  • 1級公式(四肢択一式、記述・論述問題)テキストからの出題の他、ビールに関するうんちくや時事情報等、幅広い範囲から出題します。

ビア検定(日本ビール検定)について覚えておきたい

 ビア検定(日本ビール検定)は、パンシェルジュ検定や日本さかな検定取得者を対象にした、受験割引なども実施しています。また、協力企業にサッポロビール・株式会社サッポロライオンなどが参加しているため、ビールに対する本気度がうかがえますね。

公式にも記載がありますが、公式テキストをしっかり押さえれば合格できるそうですので、ビール好きの方には、ぜひ取得をおすすめしたい資格となります。

ビア検定(日本ビール検定)の転職への有用性

 民間の資格試験のため、転職に直結することは考えにくいですが、バーや居酒屋勤務の方にはおすすめできます。顧客からの問い合わせに対し、ビールに対する深い造詣を語れば、このお店は本物だと固定客化してくれること間違いなしです。

ビア検定(日本ビール検定)おすすめの学習サイトとテキスト

 基本的に講座を受けての学習のため、学習の手助けになるようなサイトはございませんでしたので、模擬問題を確認できる公式ホームページを記載しておきます。

公式問い合わせ先

公式模擬問題

公式テキストと模擬問題を確認しながら、しっかりとした学習をすれば一発合格も可能ではないでしょうか。

おすすめのテキストはこちら↓

 

ビア検定(日本ビール検定)まとめ

 ビア検定は、趣味で取得してもちょっとした自慢や話のネタになります。またお酒に携わる業界に所属している方にとっては、職業上の武器になるのではないでしょうか。

奥の深いビールの世界を味わって、あなたもビアマイスターになってみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

公式問い合わせ先

日本ビール検定運営事務局