ユニーク検定

違いの分かる男に!ビアテイスターの取得方法まとめ

ビアテイスターとは?

ビアテイスターとは、クラフトビアアソシエーション(日本地ビール協会)が主催する民間の資格試験です。ビールの全般的な理論を本格的に学べる「ビアテイスターセミナー」を受講後に、「ビアテイスター」呼称認定試験が行われるものです。認定が不要な場合は、セミナーのみ受講することもできます。

奥が深いビールの世界や、さまざまな特徴をもったビールなどが学べます。そして、意外にも「ビアテイスター」「ビアコーディネイター」を受講する方の半数が女性とのこと。ビアテイスターは女子受けする資格かもしれません。

試験の概要【ビアテイスター】受験資格・申込方法・試験内容・合格率など

受験資格 20歳以上ならだれでも
申込期間 開催の6日前まで申込み
申込方法 インターネット申込み(公式サイト専用フォームにて)
試験日 都度変わるため確認が必要
受講料 研究会員38,000 正会員54,000円(ともにセミナーと認定試験代)
受講者数と合格率 受講者数と合格率はともに非公開
試験地 全国の主要都市で行っているため、都度、確認が必要
試験内容 認定試験
筆記試験55問および官能評価試験6問。
合格基準
筆記試験、官能評価試験のいずれかが75点以下の場合……不合格
筆記試験、官能評価試験が共に75点以上の場合……ビアテイスターとして認定

[ad]

ビアテイスターについて覚えておきたい

ビアテイスターは、ビアテイスターセミナーを受けてからの受験になります。セミナーも1日しかないため、ビールに関する予備知識などを付けてから挑んだほうがいいかもしれません。合格基準も75点以上が合格と高めの設定になっています。

また、合格発表後のビアテイスター資格呼称認定バッジ代は、別途 3,000円で手に入ります。

ビアテイスターの転職への有用性

趣味色の強い検定資格のため、現在、飲食関連にお勤めの方はスキルアップにつながるかと思います。キャリアアップにはスキルも必要ですので、タメにはなるであろうと考えます。

ビアテイスターの学習サイトとテキスト

おすすめの学習サイトは見当たりませんでしたが公式サイトで例題がありましたので参考までに。

↓おすすめのテキストはこちら↓

ビアテイスターまとめ

ビアテイスターは、ビールについての深い造詣を得ることができます。

これまでただ美味しいと飲んでいたビールの奥深さを知ることで、さらに味わい深くなるのではないでしょうか?「ビールが好き!」「お酒が好き」という方は、積極的にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

「試験に受かるユダヤ式記憶術」(外部リンク)