資格取得を目指す方々のために、資格保持者様の口コミ(学習法や学習期間など)を募集しております。よろしくお願いいたします

マーケターにもおすすめ!カラーコーディネーター検定試験の取得方法まとめ

マーケターにもおすすめ!カラーコーディネーター検定試験の取得方法まとめ

カラーコーディネーターとは?

 カラーコーディネーターは、生活やビジネスの様々な場面で役に立つ、実践的な色彩の知識を学ぶことができる商工会議所主催の公的な検定試験です。

 普段生活する上で、色に着目することはさほど無いかもしれませんが、色の使い方次第で商品の売れ行きが変わることや、気分が高揚するなんてことはよくあることです。実は私たちの消費も色によって変わっている場合すらあるのです。

 とくに色を意識して巧みに集客している企業の代表として、マクドナルドが挙げられますね。赤と黄色という色は、注意を引きつつ人の足を止めるのに有効とされています。今ではマクドナルドのコーポレートカラーといっても過言ではないですね。

 少し話が逸れてしまいましたが、それだけ”色”は街中に溢れておりますし、色が消費者心理に与える影響なども盛んに調査されています。そんな”色彩”の効果を学ぶことで、多種多様なビジネスや生活に潤いを与えることが可能になるのではないでしょうか。

試験の概要【カラーコーディネーター】受験資格・申込方法・合格率など

受験資格 誰でも受験可能
申込期間 【3・2級】3月下旬〜4月下旬、9月中旬〜10月中旬

【1級】9月中旬〜10月中旬

申込方法 インターネット、もしくは電話で受験の申し込み登録
試験日 【3・2級】6月中旬、12月上旬

【1級】12月上旬

受験料 【3級】5,340円

【2級】7,480円

【1級】9,620円

受験者数(合格率) 【3級】7,194人(58.5%)

【2級】3,648(35.1%)

【1級】535(37.1%)

試験地 全国各地
試験内容

【3級】

3級公式テキストに該当する知識と、それを理解した上での応用力を問います。

  • マークシート方式
  • 制限時間は2時間
  • 100点満点とし、70点以上をもって合格とします
  1. 色の性質
  2. 色と心理
  3. 色を表し、伝える方法
  4. 配色と色彩調和
  5. 光から生まれる色
  6. 色が見える仕組み
  7. 色の測定
  8. 混色と色再現
  9. 色と文化

【2級】

2級公式テキストに該当する知識と、それを理解した上での応用力を問います。

  • マークシート方式
  • 制限時間は2時間
  • 100点満点とし、70点以上をもって合格とします
  1. カラーコーディネーションの意義
    • カラーコーディネーションの際に考慮すべき基礎事項
  2. 色彩の歴史的展望と現状
    • 近現代のデザインとカラーの歴史
    • 色彩の文化史
    • 自然界と身近な色彩的特徴
  3. 生活者の視点からの色彩
    • 色の見えに影響を与える要因
    • 色の見え方の多様性とカラーユニバーサルデザイン
    • 照明の特性の測定
    • 色彩と照明
    • 色彩の法的規制
  4. 生産者の視点からの色彩
    • 色材の基礎
    • 色の測定と表示
    • 色の差の測定と表示
    • 流行現象の理論と色彩の流行
    • 色彩の品質管理
  5. カラーコーディネーターの視点
    • 色彩の現状把握の目的と調査方法
    • 心を測る――心理測定法
    • 色彩を伝えるための情報の流れとその変換
    • 色彩の心理的効果
    • カラーコーディネーションと配色
    • カラーコーディネーションの実例

【1級】

1級公式テキストに該当する知識と、それを理解した上での応用力を問います。

  • 3つの分野のうち、1つの分野を選択
  • マークシート方式および論述問題
  • 制限時間は2時間30分
  • 100点満点とし、70点以上をもって合格とします

第1分野「ファッション色彩」

  1. ファッションカラ-の定義と重要性
  2. 身体色の特徴
  3. ファッションと色彩文化
  4. ファッション&メ-キャップの色彩と配色
  5. ファッションカラ-の品質管理
  6. ファッションカラ-の調査と手法
  7. 流行色の意義と変遷
  8. ファッションビジネスのカラ-コ-ディネ-タ-の役割
  9. ファッションビジネスにおける色彩計画の実際
  10. 化粧品メ-カ-のマ-チャンダイジングと色彩計画
  11. 衣服と化粧のカラ-コ-ディネ-ト
  12. ファッションカラ-の色彩調和

第2分野「商品色彩」

  1. 経営と色彩
  2. 経営に色彩を活かすための諸デ-タの整備
  3. 商品の色彩計画のための理論と実践
  4. 色彩の材料および技術の開発動向
  5. 商品・インテリアの色彩計画

第3分野「環境色彩」

  1. 環境色彩とカラ-コ-ディネ-ション
  2. カラ-コ-ディネ-ションの方法とそのプロセス
  3. 建築計画
  4. 環境計画
  5. カラ-コ-ディネ-ションのための材料知識
  6. 環境色彩の基礎知識

一部公式サイト引用

スポンサーリンク

カラーコーディネーターについて覚えておきたい

 カラーコーディネーターは、あらゆる業種業界に活かせる資格です。アパレルやインテリア業界、WEBデザイナーや小売業など、ほかにも”色彩”を戦略的に活用できる業界は本当に多岐にわたります。

またカラーコーディネーターを学ぶことによって、相性の良い資格(インテリアコーディネーターやWEBデザイナー)などもありますので、相乗効果が期待できると考えます。

カラーコーディネーターの転職への有用性

 カラーコーディネーターは、あらゆる業界に共通する知識と言えます。とくに感性が必要になってくる業界にとって、キャリアアップ、スキルアップに有効であると考えられますし、そういった業界の転職活動には有効と言えます。

カラーコーディネーターの取得方法まとめ

カラーコーディネーターの資格取得におすすめなテキスト

カラーコーディネーターは公式のテキストが基本にります。

↓↓↓おすすめのテキスト↓↓↓

カラーコーディネーターまとめ

 カラーコーディネーターは、幅広い職種の方にとって有用な資格と言えます。受験者の業種を見ても、建設業、製造業、デザイン・設計業、卸売業、運輸・通信業と一見関係のなさそうな業種の方が受けていることからも理解できますね。

また2020年6月よりカラーコーディネーター検定試験が全面改訂になるようですので、実施された際には更新したいと思います。

 

「試験に受かるユダヤ式記憶術」(外部リンク)

生活・美容・デザインカテゴリの最新記事