資格取得を目指す方々のために、資格保持者様の口コミ(学習法や学習期間など)を募集しております。よろしくお願いいたします

薬局の顔になる!調剤事務管理士の取得方法まとめ

薬局の顔になる!調剤事務管理士の取得方法まとめ

調剤事務管理士とは?

 調剤事務管理士とは、保険調剤薬局で、処方せんの受付や、会計などの事務処理を担当するスタッフが求められている知識とスキルを得るための試験で、技能認定振興協会が主催する民間の資格試験です

薬剤用語の知識を持つとともに、調剤報酬の仕組みを理解し、正確に算定・請求できるスキルが必要となるため、調剤事務管理士は、薬局を運営するうえでのサポート役として欠かせない存在です。

試験の概要【調剤事務管理士】受験資格・申込方法・合格率など

受験資格 誰でも受験できる
申込期間 受験月の前月末まで
申込方法 ①技能認定試験申請書を取り寄せ、「各試験の申請手続きについて」に従い、運営事務局に申し込む

②インターネット申し込み

試験日 年6回(奇数月の第4土曜日)
受験料 6,500円
受験者数と合格率 14,378人 62.6%
試験地 指定会場のため、都度確認が必要

受験申請のあった専門学校、各種学校 など

試験内容 学科 10問 マークシート ※合格基準は学科試験、実技試験ともに70%以上

①法規

医療保険制度、調剤報酬の請求についての知識

②調剤報酬請求事務

調剤報酬点数の算定、調剤報酬明細書の作成、薬剤用語についての知識

【実技】

調剤報酬明細書の作成

調剤報酬明細書の点検

スポンサーリンク

調剤事務管理士について覚えておきたい

 調剤事務管理士は、取得していれば全国どこに行っても仕事があります。また医療関係に従事するため、安定性が高いです。また、希望にあった勤務スタイルが選べる可能性が高いです(勤務先によるところもありますが)。

合格率も高いため、取得を検討している方は、とりあえず学習を進めてみることをおすすめします。

調剤事務管理士の転職への有用性

 前述しておりますが、調剤事務管理士は調剤薬局がある限り、どこにでも仕事があるといっても過言ではないでしょう。そのため、就職・転職・再就職に便利な資格と言えます。

調剤事務管理士おすすめの学習サイトとテキスト

 残念ながら学習の参考になるようようなサイトは見当たりませんでした。

医療事務系の資格は、講座の受講が必須なものと、そうでないものがありますが、調剤管理事務は独学でも取得可能です。独学での学習が不安な方は、下記のような医療系の資格に特化した講座もありますので、資料請求で確認してみてはいかがでしょうか?

おすすめ資格学校

シカトル

おすすめのテキストは以下のものになりますので、あわせてご確認いただければ。

調剤事務管理士まとめ

 調剤事務管理士は、持っていて損はない資格です!「子育て後に働きたいけど、いい仕事が見つからない…」、「なるべく長く仕事を続けたいんだけど、どういった仕事がいいんだろう…」といった方には、手に職の一つでもある、調剤事務管理士をおすすめしたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

公式問い合わせ先

技能認定振興協会

医療カテゴリの最新記事