コロナウイルスの影響により、試験日変更がある場合がございますのでご注意下さい。

ビルの維持管理はおまかせ!建築物環境衛生管理技術者の取得方法まとめ

ビルの維持管理はおまかせ!建築物環境衛生管理技術者の取得方法まとめ

建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)とは?

 昨今では老朽化などの問題も出てきているビルですが、その数は膨大なものです。そんな生活と密接な関わりをもつビルの維持管理のための資格が建築物環境衛生管理技術者です。

給水や空調設備のチェック、廃棄物の処理や衛生面の管理など、その業務範囲はとても広いものとなっています。こうしたことからもわかるように、この建築物衛生管理技術者は需要が絶えません。

 資格を取得するためには、国家試験に合格する方法と、厚生労働大臣登録講習会を終了する2通りです。実務経験が2年以上必要という縛りはありますが、一定規模以上の建築物には、資格取得者を必ず置かなければいけないため、安定の資格とも言えます。

試験の概要【建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)】受験資格・申込方法・合格率など

受験資格 次の用途に供される建築物の当該用途部分において環境衛生上の維持管理に関する実務に業として2年以上従事された方
(従事期間については、実務従事証明書の証明日現在で2年以上が必要です。)建築物の用途とは

  • 興行場(映画館、劇場等)、百貨店、集会場(公民館、結婚式場、市民ホール等)、図書館、博物館、美術館、
    遊技場(ボーリング場等)
  • 店舗、事務所
  • 学校(研修所を含む。)
  • 旅館、ホテル
  • その他アからエまでの用途に類する用途
    多数の者の使用、利用に供される用途であって、かつ、衛生的環境もアからエまでの用途におけるそれと類似しているとみられるものをいいます。

環境衛生上の維持管理に関する実務とは、次のことをいいます。

  • 空気調和設備管理
  • 給水・給湯設備管理
  • 排水設備管理
  • ボイラ設備管理
  • 電気設備管理(変電、配電等のみの業務を除く)
  • 清掃および廃棄物処理
  • ねずみ・昆虫などの防除

※「設備管理」は、設備についての運転、保守、環境測定および評価などを行う業務(修理専業)などは含まない

申込期間 試験日の約4ヶ月前締め切り(要確認)
申込方法 文末記載の公式サイトより、願書を印刷し送付。
試験日 例年:10月の第一日曜日
受験料 13,900円
受験者数(合格率) 11,069人(21.1%)
試験地 札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡
試験内容 マークシートによる5肢択一式問題

  • 建築物衛生行政概論
  • 建築物の構造概論
  • 建築物の環境衛生
  • 空気環境の調整
  • 給水及び排水の管理
  • 清掃
  • ねずみ、昆虫等の防除
スポンサーリンク

建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)について覚えておきたい

 冒頭にも記載しましたが、資格を取得する方法として厚生労働大臣登録講習会でも可能となっています。しかし、費用と時間がかかってしまうため、その部分を捻出出来るという方向けと考えます。

1)建築物衛生行政概論 10時間
2)建築物の構造概論 8時間
3)建築物の環境衛生 13時間
4)空気環境の調整 26時間
5)給水及び排水の管理 20時間
6)清掃 16時間
7)ねずみ、昆虫等の防除 8時間


合計 101時間で費用は11万円弱となっています。回ごとに募集人員が決まっておりますし、受講資格を満たすという条件もありますので、興味のある方は、文末の公式サイトよりチェックしてみてください。

建築物環境衛生管理技術者の転職への有用性

  一定規模以上の建築物(特定建築物)の所有者等は、「建築物における衛生的環境の確保に関する法律」(以下「建築物衛生法」という。)に基づき、建築物内の環境に関する「管理基準」に従って維持管理するために「建築物環境衛生管理技術者」を選任して、その監督をさせなければなりません。

公式サイト引用

というように、必ず有資格者を置かなければならないという決まりもありますので、募集タイミングと重なれば、就職や転職には比較的有利な資格と言えます。

建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の資格取得におすすめなテキスト

建築物環境衛生管理技術者のおすすめのテキストはこちらです。

↓↓↓おすすめのテキスト↓↓↓

建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)まとめ

 建築物環境衛生管理技術者は、まだまだ注目の資格ではないでしょうか。人口が減少する日本だからこそ、建物やコミュニティなどを集約していく必要があるため、需要は絶えないと考えます。

 興味のある方は、受験または講習会などを検討してみてはいかがでしょうか。

 

「試験に受かるユダヤ式記憶術」(外部リンク)

オフィス技能・事務カテゴリの最新記事