コロナウイルスの影響により、試験日変更がある場合がございますのでご注意下さい。

秘書検定とは?ビジネスマナーに欠かせない!取得方法まとめ

秘書検定とは?ビジネスマナーに欠かせない!取得方法まとめ

秘書検定とは?

 ビジネスマナーには自信がありますか?

この秘書検定はビジネスマナーを学ぶには、性別問わず、とてもためになる資格です。

情報過多の昨今、忙しい上司をサポートするだけではなく、主体的に考え行動することが求められます。

この秘書検定は、的確な事務処理から、人間関係の機微に触れる折衝までをまなぶことができます。

さらに、難関の1級保持者になれば、上役からも引く手あまたで就職に有利な資格と言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

秘書検定の概要は?

受験資格  誰でも受験できる
申込期間 4月上旬~5月中旬 9月上旬~10月中旬 12月上旬~翌年1月中旬
試験日  <3級・2級筆記> 6月中旬 11月中旬 翌年1月中旬
検定料  <3級> 2,800円 <2級> 4,100円 <順1級> 5,300円<1級> 6,500円
試験地  <筆記>全国各地の主要都市

<面接>実施回によって変動あり

受験者数

と合格率

 <3級> 13,639人 66.3% <2級> 54.0% <準1級> 5,783 ※最終合格率 37.2% <1級>1,092 ※最終合格率 31.4%  H29年11月回
試験内容  各級とも筆記は理論と実技から構成されており、求められる水準は以下。

<3級>初歩的な秘書的業務の理解ができ、2級に準じた知識があり、技能が発揮できる。

<2級>秘書的業務について理解ができ、準1級に準じた知識があり技能が発揮できる。

<準1級>秘書的業務全般について理解があり、1級に準じた知識を持つとともに、技能が発揮できる。

<1級>秘書業務全般について十分な理解があり、高度な知識を持つとともに、高度な技能が発揮できる。

※準1級と1級には面接試験があるため、最終合格率としました。

覚えておきたい

準1級と1級には面接試験もあります。この級は難易度が高いため面接対策が必須です。

また、大学在学中に受験を受ける方も多いようだが、数年前は、ビジネスパーソン(中年男性)がマナーの再確認のため受験するというトレンドもあったようなので、全年齢層におすすめしたい。

参考サイトとテキスト

参考サイトはこちら↓

3日で受かる秘書検定

過去問題などがまとめてあります。さらにWEBテキストのリンクもあるため、効率的に学習できるのではないでしょうか?

1番売れているテキストがこちら↓

まとめ

秘書検定も、資格専門学校や通信講座を選択するのが可能ですので、確実に狙いたい方はこちらの方法をおすすめします。

ただし、秘書検定は受験費用もテキスト代も比較的安価なので、テキストなどを一読して無理そうであれば講座を受講したりという方法がいいかと思います。(じっくり時間をかけたほうが知識の定着につながるかも)

わたしも2級までは持っていますが、話しのネタにもなるのでおすすめですよ。

それでは。

オフィス技能・事務カテゴリの最新記事