安全管理

衛生管理者とは?衛生管理者の取得方法についてまとめてみた

衛生管理者とは?まとめてみた

衛生管理者とは?

 衛生管理者とは、労働者の室病の予防や早期発見といった健康管理、または職場環境の整備など、労働災害を未然に防いだり、職場環境を整えるのが主な役割です。

 常時50人以上の労働者を使用する事業場では、衛生管理者免許を有する者のうちから労働者数に応じ一定数以上の衛生管理者を選任し、安全衛生業務のうち、衛生に係わる技術的な事項を管理させることが必要なことから、一定規模以上の職場では必置となります。

 第一種衛生管理者免許を有する者は、すべての業種の事業場において衛生管理者となることができますが、第二種衛生管理者免許は、有害業務と関連の少ない情報通信業、金融・保険業、卸売・小売業など一定の業種の事業場においてのみ、衛生管理者となることができるとされています。

 ストレスチェックが義務付けられた背景もあり、衛生管理者はニーズが強まっています。特に総務部や労務関連の部署に転職をお考えの方や、そういった部門に配属されている方にはおすすめの資格です。

試験の概要【衛生管理者】

受験資格 この資格では受験資格が必要。

①学校教育法による大学(短期大学を含む。)又は高等専門学校を卒業した者で、その後1年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの。

②大学評価・学位授与機構により学士の学位を授与された者で、その後1年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの。

③学校教育法による高等学校又は中等教育学校を卒業した者で、その後3年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの

などなど、16パターン程度あるため、取得希望の方は最後のリンクからご確認ください。

申込期間 各地区安全衛生技術センターによって異なる
申込方法 受験申請書は安全衛生試験協会、各地区安全衛生技術センターおよび関係機関で配布。郵送希望の場合は返信用封筒(角型2号)に切手を貼り、必要部数をメモ書きし、各試験センターへ送付。(※部数によって金額が異なるため注意)
試験日 各地区安全衛生技術センターによって異なる
受験料 6,800円
受験者数と合格率 第一種衛生管理者 61,500人  (45.5%)

第二種衛生管理者 29,186人( 55.5%)

試験地 全国7カ所の各地区安全衛生技術センター
試験内容 第二種衛生管理者 試験時間:3時間
①労働衛生(有害業務に係るものを除く。)10問(100点)②関係法令(有害業務に係るものを除く。)10問(100点)③労働生理10問(100点)第一種衛生管理者 試験時間:3時間①労働衛生(有害業務に係るものおよび有害業務に係るもの以外のもの)計17問(計150点)
②関係法令(有害業務に係るものおよび有害業務に係るもの以外のもの)計17問(計150点)
③労働生理 10問(100点)特例第一種衛生管理者 試験時間:2時間
①労働衛生(有害業務に係るものに限る。)10問(80点)②関係法令(有害業務に係るものに限る。)10問(80点)

覚えておきたい

 働き方改革が改革が叫ばれる昨今、こういった労働の衛生面などの資格を持っていると、就職転職のさいに有利になるかと思います。また冒頭にも述べましたが、一定規模以上であれば資格保持者が必置であることを考えると、取得するべき資格と言えるのではないでしょうか?

 表を見ていただくとお分かりですが、合格率は高めになっているため、さほど意気込まずとも狙える資格です。学習は独学の方が多いようですが、もちろん通信講座などもあります。さらにスキルを広げたい方などはメンタルヘルスマネジメント検定試験なども合わせて取得するのがいいかもしれません。

参考サイトとテキスト

 学習の手助けになるであろうサイト

こちらから

衛生管理者一発合格

実際に衛生管理者を学習した方が運営されているサイトです。過去問や模擬試験などが用意されており、参考になるのではないでしょうか?(若干、広告が多いです。。)

おすすめのテキストはこちら↓

 

短期間で合格を目指す方にはこちら→衛生管理者試験に1回で合格するツボ式学習法

まとめ

 衛生管理者は、起業からの評価も高いです。また、一定以上の役職の方には、資格取得を促す企業も多いようです。衛生管理者が不足している企業(とくに小売業<1店舗あたりの従業員数も多く店舗数もあるので>)などは資格取得費用を負担してくれる企業もあるようです。

在職中の方は、在籍中の会社にそういった制度がないか確認してみるのが良いかもしれません。

最後までお読みいただきありがとうございました。