安全管理

インフラで関係で安定!高圧ガス販売主任者の取得方法などまとめ

高圧ガス販売主任者取得方法まとめ

高圧ガス販売主任者とは?

 高圧ガス販売主任者とは、ガスを取り扱う企業は、取り扱うガスの種類によって、第一種販売主任者か第二種販売主任者の資格を持つ者の選任が義務付けられています。その条件を満たすための資格が、高圧ガス販売主任者です。試験は高圧ガス保安協会が主催しており、分類は国家資格となります。

 ガスはインフラ系から製造業まで幅が広いですし、専門性をもって活躍したい方にはおすすめの資格と言えます。また、企業によっては手当がつくところもあるようですので、収入増が見込めるかもしれません。現在、対象のガスを取り扱う企業に在籍のかたは、規定などを確認されてみるといいかもしれません。

試験の概要【高圧ガス販売主任者】受験資格・申込方法・合格率など

受験資格 誰でも受験できる
申込期間 8月下旬~9月中旬
申込方法 ホームページまたは郵送にてお申込み(ネット割があるためインターネットをおすすめします)
試験日 11月中旬
受験料 第一種:(一般)7,600円(インターネット)7,100円

第二種:(一般)6,000円(インターネット)5,500円

受験者数と合格率 第一種:2,638人 59.5%

第二種:8,900人 65.1%

試験地 全国の約65カ所
試験内容 第一種

①高圧ガス保安法に係る法令

②高圧ガスの販売に必要な通常の保安管理技術

第一種販売主任者の選任が必要な高圧ガスは以下

アセチレン、アルシン、アンモニア、塩素、クロルメチル、五フッ化ヒ素、五フッ化リン、酸素、
三フッ化窒素、三フッ化ホウ素、三フッ化リン、シアン化水素、ジシラン、四フッ化硫黄、
四フッ化ケイ素、ジボラン、水素、セレン化水素、ホスフィン、メタン、モノゲルマン、モノシラン

第二種

①高圧ガス保安法および液化石油ガス法に係る法令

②液化石油ガスの販売に必要な通常の保安管理技術

※協会主催の講習を受けることにより、②の科目が免除されるため、①のみ受験すればよくなります。

 

高圧ガス販売主任者について覚えておきたい

 高圧ガス販売主任者はインターネット割引が用意されているため、インターネットの申し込みをおすすめします。

また、高圧ガス保安協会が実施する講習会に参加すれば、一部試験が免除などが用意されているため、コストを考えずに取得を望む方にとっては受講されるべきかと思います。

高圧ガス販売主任者の転職への有用性

 高圧ガス販売主任者は国家資格ですので、企業によっては収入アップや待遇改善などが見込める資格です。

転職にも強みとなることが多いため、そういった関連に勤めたいいった方は、ぜひ受験してみることをおすすめします。保安から関連営業まで幅広くなっています。

高圧ガス販売主任者おすすめの学習サイトとテキスト

 残念ながら学習の参考になるようようなサイトは見当たりませんでした。受験される方は、ほとんどが公式テキストと過去問題が中心のようです。

おすすめのテキストはこちら↓

高圧ガス販売主任者(日本ビール検定)まとめ

 生活だけではなく、生きていくうえで欠かせないガス。そのガスに関わる仕事のですし、選任が必置の国家資格のため、取得すれば何かと役に立つのではないでしょうか?興味のある方はテキストからでもはじめてみてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございました。