コロナウイルスの影響により、試験日変更がある場合がございますのでご注意下さい。

公共職業訓練とは?失業手当を受給しながら資格をGET!

公共職業訓練とは?失業手当を受給しながら資格をGET!

公共職業訓練って?

職業訓練には、①公共職業訓練と②求職者支援訓練の2種類があります。

どちらも求職者の再就職を支援するため、専修学校、各種学校などの教育訓練機関を活用し、必要な技能や知識の習得を図るために実施されている訓練制度です。

 

ちなみに、職業訓練を総称してハロートレーニングとの愛称になったようです。

スポンサーリンク

対象者

①の公共職業訓練は、主に雇用保険を受給できる方のための制度(受給対象ではなくても受けられる場合あり)。

②の求職者支援訓練は、主に雇用保険を受給できない方のための制度(受給対象であっても受けられる場合あり)。

また、ハローワークに求職申し込みをしていて、受講開始日からさかのぼって、1年以内に公共職業訓練を実施していない人が対象。

給付額

①の公共職業訓練の場合は、失業給付を受けながら学校に通える。さらに受講1日につき500円の受講手当(上限額20,000円/月)、通所手当(交通費上限42,500円/月)などの手当てが支給される。

また、受講開始日が失業手当給付の終了前であれば、受講が終わるまで延長される。(6ヵ月のコースであれば、90日の支給対象者でも6か月終了時まで)

②の求職者支援訓練は、一定要件を満たせば10万円/月が支給される。

対象講座

対象講座に関しては、実施時期や実施期間、各都道府県によってことなるため都度確認が必要。

各都道府県が実施する公共職業訓練(民間教育訓練機関などに委託)とポリテクセンターでの公共職業訓練があるが、色々な話を聞くと各都道府県が実施する公共職業訓練のほうがよさそう。

若干、運の側面が強く、失業期間中に希望する講座がなかったりするので、これを踏まえて転職される方は事前に調べたほうが無難。

手続き

 申し込むには、ハローワークからの入校指示や推薦が必要となるためハローワークを通して申し込まなければならない。

①公共職業訓練 ②求職者支援訓練
1. ハローワークに求職の申込みをしている方 1. ハローワークに求職の申込みをしている方
2. 雇用保険受給資格者の方 2. 雇用保険被保険者や雇用保険受給資格者でない方
3. 労働の意思と能力がある方 3. 労働の意思と能力がある方
4. 職業訓練などの支援を行う必要があるとハローワークが認めた方 4. 職業訓練などの支援を行う必要があるとハローワークが認めた方

まとめ

 以上、前回の教育訓練給付金にあわせ、この公共職業訓練の制度も頭に入れておきたいところ。

転職を考えているけど、なんのスキルもないし…といった方などは、こういった選択肢もあるんだと思い出していただければ。

ではまた。

各種支援制度カテゴリの最新記事