資格取得を目指す方々のために、資格保持者様の口コミ(学習法や学習期間など)を募集しております。よろしくお願いいたします

介護支援専門員とは(ケアマネ)とは?取得方法についてまとめてみた

介護支援専門員とは(ケアマネ)とは?取得方法についてまとめてみた

介護支援専門員(ケアマネージャー)とは?

介護保険制度においてケアマネジメントを行う専門職です。

居宅介護支援事業者(ケアマネジメント事業者)や介護保険施設などに所属し、介護や支援を必要とする者が適切なサービスを受けられるよう、要介護認定の代行・訪問調査、介護サービス計画(ケアプラン)の作成からサービス実施状況の把握、費用や利用者負担分の給付管理などを一括して行います。

試験の概要【介護支援専門員】

受験資格 保健・福祉・医療分野で通算5年かつ900日以上(業務によっては、10年かつ1,800日以上)の実務経験を有する方
申込期間 各都道府県により異なる
試験日 10月上旬
申込方法 5月下旬~6月下旬まで、福祉関連施設(各都道府県により異なる)で試験案内が配布される
受験料 7100円~9200円程度で各地異なる
受験者数と合格率 124,585人 13.1%
試験地 各都道府県の指定した場所
試験内容 5肢複択式の筆記試験(120分)

【介護支援専門分野】(25問)

①介護保険制度の基礎知識

②要介護認定制度の基礎知識

③居宅・施設サービス計画の基礎知識など

【保健医療福祉サービス分野】

①保健医療サービスの知識など(基礎)15問

②保健医療サービスの知識など(総合)5問

③福祉サービスの知識など 15問

スポンサーリンク

覚えておきたい

 都道府県が実施する介護支援専門員実務研修受講試験に合格後、実務研修を受講し、研修修了章の発行を持って資格取得となります。

受験資格が必要となる資格で、医療・保健・福祉分野での専門職実務経験5年以上などが必要とされています。

 

参考テキスト

実務要件が必要なこともさることがながら、合格率もさほどよくないため、通信教材などの活用を検討されるのがベターかと思います。

おすすめの最新テキストはこちら↓

まとめ

 介護支援専門員(ケアマネージャー)は資格の福祉部門では、もっとも受験者数が多く人気です。

 なかなか厳しい受験資格を設けているにも関わらず、これだけ受験者数が多いということは、業界である程度の条件を引き出すためには、かなりの武器になるということかと思います。

 合格率も決して高くないため、忙しい中も的確な計画のうえ実施が必要ですが、今後の日本にとっては将来性の高い資格と言えるでしょう。

また、情報が入れば追記していきます。

それでは。。

かいご畑

福祉カテゴリの最新記事